ブログ

2021年12月28日

様似中学校の総合学習その1

 今年度の様似中学校1年生総合学習「ふるさとアポイ学」は(1)事前学習、(2)1020日が全員で町内見学、(3)115日が班ごとに地域調査、テーマに沿って町内の専門家に質問、(4)128日がポスター発表会という流れで行っています。

 今年のテーマは、世界の中のアポイ岳ジオパーク=さまに。町内で世界に誇れるものを紹介するとともに、世界のジオパークについても学び、世界の中の様似を意識しながらこれからの学習を進めてもらうということになっています。この前段としてTさんが町内で世界に誇れるものの全体概略、Dさんがイタリアのアダメロ・ブレンタユネスコ世界ジオパークについて、中学校で話をしています。

 さて、1020日に「町内見学」を行いました。ジオサイト様小裏の旧石切り場、岡田のチセ、幌満の縄文遺跡、東邦オリビン工業(株)、いちごハウス見学という流れです。民間の会社のかた、教育委員会の学芸員、産業課と商工観光課の職員が現地で説明を行いました。

IMGP0374.JPG

 自然・歴史・産業について、現場で実際にかかわっているかたからお話を聞けることや見ることができる機会は貴重で、海外の話を聞くことができる機会があるって世界が広がっていいな~、自分の住んでいるところを学ぶ機会があることもいいな~と思いました。(カ)

2021年12月22日

おおいた姫島ジオパーク姫島中学校のオンライン学習2

111日、おおいた姫島ジオパークの姫島村立姫島中学校1年生が「姫島ひじきブランディング」学習の一環として、様似町の昆布漁についてオンライン学習を行いました。当日はアポイ岳ジオパークビジターセンターから中継を行い、様似の昆布漁師のかたに、昆布漁で気をつけていることなどについて質問しました。生徒たちは昆布の食べ方、昆布漁について驚いていた様子がうかがえました。

町広報にも記事掲載していただきました。

http://www.samani.jp/koho/

日高昆布.jpg

ここからは私の感想ですが、日高昆布を伝えていく切り口や方法、何を伝えていくかということについて、新たに気がついたこともたくさんありました。なぜ日高昆布がこの地にあるのか、なぜ美味しいのか。今回、特に印象的だったのは、風土「海底地形・気候と日高昆布のつながり」と、歴史「もともとこの地に住んでいたアイヌの人々の昆布漁と、本州からやってきた和人がはじめた漁業、日高昆布のブランド化をはかってきた先人たちの努力があってという話」でした。今後も引き続き地域の皆さんからお話を伺うなかで、大地と海産物をつなぐ話を作っていきたいと思いました。(カ)

2021年11月28日

アポイ岳の防鹿柵(ぼうろくさく)撤去作業

 11月16日(火)アポイ岳の防鹿柵(ぼうろくさく)撤去に行ってきました。とても寒い日で、あられも降りました。7合目より上は風が強かったそうです。

IMGP0258.jpg

 防鹿柵は酪農学園大学とアポイ岳ファンクラブにより2011年に55基設置され、エゾシカの植生への影響を把握する調査に使われてきたものです。4人で2隊に分かれて、最後の15基を撤去しました。ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

IMGP0261.jpg

 この柵は、IさんやSさんの卒業研究・修士研究やS先生の植生調査の際に使われ、柵でおおわれた箇所と、覆われていない箇所の植生を比較することで、エゾシカの植生への影響を調査するものでした。山麓部において、柵の中にしかミヤコザサが残らず、エゾシカの影響に驚いたことが思い出され、約10年間の思い出がよみがえります。アポイ岳ファンクラブのかたも、町の学芸員も調査補助のために何度もアポイ岳に登りました。これは何かと多くの登山者や中学生たちから聞かれて、説明したこともありました。役目を終えた資材たちへ、お疲れ様でした。あとに残すは、方形柵と金属柵の撤去作業です。これは来年の4月かな?

IMGP0274.jpg

 最後に昨年3月のガイド勉強会で話題になっていた「ヤドリギ」を見てきました(上と下の写真)。葉が落ちているので見やすいのですが、モコモコしている部分が他の樹木にとりついて養分を得て生きているヤドリギ(寄生木)。レンジャク(北海道なのでおそらくキレンジャク)にとって大好物のヤドリギの実を食べ、糞をして硬い種は消化されずそのまま出てきます。そして糞そのものは、ねばりけが強く糞は地上にポトリと落ちることはなく、幹にぶら下がるように張りつきます。種はやがて樹木にくっつき成長してゆきます。つまり、ヤドリギとレンジャクはお互いに助け合うかのような関係性を築いているそうです。教えてくださった、TさんとTさんありがとうございました。(カ)

IMGP0273.jpg

2021年11月09日

エンルム岬DEゴミ拾い~次世代に残そうキレイな海岸~

11月7日(日)キレイな海と海岸を次世代に残していくために、エンルム海岸のゴミ拾いを実施しました。7月18日(日)に引き続き、今年度2回目の開催です。https://www.apoi-geopark.jp/blog/index_3.html

1時間半の作業で310kg集めました(産業廃棄物を除いて)。浦河や帯広のかた、町民、日高信用金庫、様似町青年団体協議会、様似町女性団体連絡協議会、消防、様似町役場、ジオパークガイド約55名ものかたにご参加いただきました。ありがとうございました。

楽古岳s.JPG

ゴミ拾いの様子。左奥の山頂付近に雪が見えるピラミッド型の山が「楽古岳」。例年、11月の海岸は風が冷たいことが多いのですが、風もなくちょうど良い天候に恵まれました。

北海道太平洋海域は赤潮が問題となっており、今日のエンルム海岸も赤潮の影響なのか白色化したエゾバフンウニの殻も目立ちました。

アポイ背景にs.JPG

参加者の背景はアポイ山塊、そして回収ゴミその1です

産業廃棄物s.JPG

回収ゴミその2。長いロープ、ビニーフロート(耐水圧浮子)などは産業廃棄物扱い

漂着物の話s.JPG

漂着物のお話も伺いました。中国製のペットボトルもありました。海流は、日本海~津軽海峡を通って、ここ太平洋の様似町まできているのですね。海はつながっているのですね。

来年も開催予定です。引き続きよろしくお願いします。(カ)

2021年11月06日

虹と紅葉

10月23日、ビジターセンターに来館されたかたに、様似町内の現地案内をしました。全国のジオパーク巡りをされていて、大地と自然・歴史・産業のつながりにご関心があるとのことでしたので、「ビジターセンターで全体像を説明→プレート境界→幌満峡の渓谷→エンルム岬で漁業の話→新富の紅葉」と、アポイ岳ジオパーク全体をまわるフルコースにしてみました。

新富の紅葉がきれいだったとの感想、虹に出会えたことに驚かれていました。アポイ岳ジオパークを巡って他のジオパークとのつながりがわかったことが面白かったと感想をいただきました。

以下、秋の様似町内の様子と虹の話です。

新富チャートと紅葉.JPG

サイト「新富チャート」の紅葉がちょうど見頃でした。

虹と栄町.JPG

ちょうどサイト「吉田岳」付近に虹がかかっているタイミングでした(栄町にて撮影)

主虹と副虹.JPG

主虹と副虹をはじめて見ました。副虹は、サイト「アポイ岳~吉田岳間」のあたりにかかっています。(栄町旧石切り場にて撮影、アポイ山塊が見えます)

虹についてあまりよくわかっていなかったので、調べました。

*虹の色の順番が主虹と副虹は異なっています。主虹は外側が赤、内側が紫になっているのに対して、副虹は外側が紫、内側が赤となっており、色の順序がちょうど逆。

*水滴内の反射回数が1回多い副虹は、観察者方向へ返される光が主虹の場合よりも弱くなってしまうため、あまり鮮やかには見えないそうです。

*主虹と副虹に挟まれた中間の空は主虹の下側、あるいは副虹の上側の空よりも幾分暗く見えます。この暗い領域は「アレキサンダーの暗帯」と呼ばれるそうです。次は、この現象を確認してみたいです。(カ)

月別アーカイブ