• HOME
  • かんらん岩広場

かんらん岩広場

 様似町役場の前庭に展示されている、かんらん岩などの大型研磨標本で、広場全体が日高山脈を構成する岩石の野外博物館となっています。さまざまな形に切断研磨された岩石には、無数の科学情報が秘められているのです。
 広場東側(役場に向かって右手側)にリーフレットを設置しています。晴れた日にはアポイ岳を眺めながら観察してみてください。

アポイ岳を背後に
大学巡検の様子

主な展示岩石

ハルツバージャイト(かんらん岩の一種)

ハルツバージャイト

 八角柱の標本上面にはマグマが通った痕跡「マグマチャネル」を見ることができます。

グラニュライト(日高山脈をつくる岩石)

グラニュライト

 地下深くで作られた薄赤色の鉱物・ざくろ石を見ることができます。ざくろ石の大きさは1cmほどです。

リーフレットはこちら